「課題解決型高度医療人材養成プログラム」とは

全国の大学並びに大学病院における人材養成機能を一層強化し、本邦が抱える医療現場の諸課題等に対して、科学的根拠に基づいた医療の提供に寄与できる、優れた人材を養成することを目的とした支援事業です。

文部科学省「課題解決型高度医療人材養成プログラム」

放射線災害の全時相に対応できる人材養成

福島第一原子力発電所事故を経験し、従来の医学教育では放射線の基礎教育が不足していたことが浮き彫りとなりました。また、事故から5年を経過した現在は、災害からの復興期に入っています。しかし、疫学が必要な放射線による健康リスク管理を専門とする医師はさらに少ないのが現状となっています。これらを打破するためには、「放射線災害の全時相に対応できる人材養成」が必要不可欠となります。